Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSDに不正アクセス、顧客情報流出は否定

製薬会社のMSDは、同社ネットワークが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同社はシステムを遮断し、復旧作業を進めている。

同社によれば、6月27日にネットワークが不正アクセスを受けたもので、システムを停止して復旧作業を行っている。メールシステムに関してはすでに復旧しており、医療関係者向けの情報提供サイト「MSD Connect」も通常とおり稼働しているという。

同社は、今回の不正アクセスにともなう顧客情報の漏洩を否定。一般利用者向けのウェブサイトを停止しているが、医薬品について十分な在庫を確保しているとアナウンスする一方、顧客からの問い合わせについては対応が遅延する可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ