Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSDに不正アクセス、顧客情報流出は否定

製薬会社のMSDは、同社ネットワークが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同社はシステムを遮断し、復旧作業を進めている。

同社によれば、6月27日にネットワークが不正アクセスを受けたもので、システムを停止して復旧作業を行っている。メールシステムに関してはすでに復旧しており、医療関係者向けの情報提供サイト「MSD Connect」も通常とおり稼働しているという。

同社は、今回の不正アクセスにともなう顧客情報の漏洩を否定。一般利用者向けのウェブサイトを停止しているが、医薬品について十分な在庫を確保しているとアナウンスする一方、顧客からの問い合わせについては対応が遅延する可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
教育委員会ネットワークに不正アクセス、影響などは調査中 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
産総研のネット接続再開に目処 - 他国立研究開発法人では被害確認されず
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市