Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSDに不正アクセス、顧客情報流出は否定

製薬会社のMSDは、同社ネットワークが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同社はシステムを遮断し、復旧作業を進めている。

同社によれば、6月27日にネットワークが不正アクセスを受けたもので、システムを停止して復旧作業を行っている。メールシステムに関してはすでに復旧しており、医療関係者向けの情報提供サイト「MSD Connect」も通常とおり稼働しているという。

同社は、今回の不正アクセスにともなう顧客情報の漏洩を否定。一般利用者向けのウェブサイトを停止しているが、医薬品について十分な在庫を確保しているとアナウンスする一方、顧客からの問い合わせについては対応が遅延する可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
産総研のシステムに不正アクセス - 情報漏洩の可能性も含め調査
サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 新潟県立看護大