Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

60万超のサイトで利用されるWordPress向け「ショートコード」追加プラグインに脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」向けのプラグイン「Shortcodes Ultimate」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同プラグインは、「WordPress」向けに機能を追加するための「ショートコード」を提供するプラグイン。60万件以上のサイトで導入されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインには、サーバ上に保存された任意のファイルへアクセスすることが可能となる「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2017-2245」が存在するという。

クリスリュウ氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性は「同4.10.0」で修正された。他バグを修正した「同4.10.1」が最新版として公開されている。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
「gSOAP」に脆弱性、2GB超の細工されたデータの処理で影響
CSSカスタマイズ用WordPressプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に