Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業

PwCあらた、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションの3者は、医療、介護事業者を対象としたセキュリティソリューションの展開で協業した。

3者は今回の協業を通じ、医療業界の動向を踏まえつつ、医療および介護事業者を対象に各社のノウハウを活かしたサービスを展開する。

具体的には、PwCあらたではリスクマネジメントの観点から、またメディカルITセキュリティフォーラムは、医療分野固有のセキュリティ上の脅威を踏まえ、セキュリティ体制や管理プロセスの構築に向けて助言を提供。三井物産セキュアディレクションは、製品や技術などソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 群馬中央病院
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開