Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業

PwCあらた、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションの3者は、医療、介護事業者を対象としたセキュリティソリューションの展開で協業した。

3者は今回の協業を通じ、医療業界の動向を踏まえつつ、医療および介護事業者を対象に各社のノウハウを活かしたサービスを展開する。

具体的には、PwCあらたではリスクマネジメントの観点から、またメディカルITセキュリティフォーラムは、医療分野固有のセキュリティ上の脅威を踏まえ、セキュリティ体制や管理プロセスの構築に向けて助言を提供。三井物産セキュアディレクションは、製品や技術などソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も