Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開

Avast Softwareは、ランサムウェア「EncrypTile」によって暗号化されたファイルを復号するための無償ツールを公開した。

端末利用者の意図に反してファイルを暗号化した上、ファイル名に「EncrypTile」という文字列を追加する特徴を持つランサムウェア「EncrypTile」の被害に遭ったファイルを復号するツールをあらたに公開したもの。

同社によると、同ランサムウェアは、2016年10月ごろにテスト版が確認され、2017年4月ごろに複数の言語へ対応した初期バージョンがリリースされたという。

また同社では、従来より提供している「AES_NI」「BTCWare」「CrySiS」「Crypt888」「XData」の復号化ツールについてもアップデートを実施した。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も