Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開

Avast Softwareは、ランサムウェア「EncrypTile」によって暗号化されたファイルを復号するための無償ツールを公開した。

端末利用者の意図に反してファイルを暗号化した上、ファイル名に「EncrypTile」という文字列を追加する特徴を持つランサムウェア「EncrypTile」の被害に遭ったファイルを復号するツールをあらたに公開したもの。

同社によると、同ランサムウェアは、2016年10月ごろにテスト版が確認され、2017年4月ごろに複数の言語へ対応した初期バージョンがリリースされたという。

また同社では、従来より提供している「AES_NI」「BTCWare」「CrySiS」「Crypt888」「XData」の復号化ツールについてもアップデートを実施した。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減