Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開

Avast Softwareは、ランサムウェア「EncrypTile」によって暗号化されたファイルを復号するための無償ツールを公開した。

端末利用者の意図に反してファイルを暗号化した上、ファイル名に「EncrypTile」という文字列を追加する特徴を持つランサムウェア「EncrypTile」の被害に遭ったファイルを復号するツールをあらたに公開したもの。

同社によると、同ランサムウェアは、2016年10月ごろにテスト版が確認され、2017年4月ごろに複数の言語へ対応した初期バージョンがリリースされたという。

また同社では、従来より提供している「AES_NI」「BTCWare」「CrySiS」「Crypt888」「XData」の復号化ツールについてもアップデートを実施した。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
ランサムウェア「Jaff」が拡散、国内で多数検知
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
中学生作成のランサムウェア、暗号鍵がハードコード - サンプルコード利用の形跡も
Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を