Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応

ラックは、ネットワーク経由で脆弱性に対する攻撃を受けるか診断できる無料サービス「自診くん」を公開した。

20170614_la_001.jpg
通信が到達するか確認することで診断する(図:ラック)

同サービスは、端末が特定のサイバー攻撃の影響を受けるか確認できるもので、ネットワーク経由で感染を広げるマルウェアの通信や脆弱性に対する攻撃が端末へ到達するかチェックできる。

具体的には、5月に確認されたSMBの脆弱性「CVE-2017-0145」を悪用するランサムウェア「WanaCrypt」に対応。資産管理ソフト「SKYSEA Client View」の脆弱性攻撃が可能か確認できるほか、同社が危険と判断した「ssh」「telnet」「NETBIOS」「RDP」「VNC」への接続についても確認できる。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に
バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性
WordPress向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも
「BIND 9」に複数の深刻な「脆弱性」 - 異常終了するおそれ
「Adobe Captivate」のクイズ機能に情報漏洩の脆弱性