Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で

SNSユーザーの7%が「アカウントの乗っ取り」被害を経験したことがあるとの調査結果をLINEが取りまとめた。約7割の利用者が「アカウントの乗っ取り」について認知しており、マルウェアやスパムなどよりも認知が進んでいるという。

LINEが、5月10日から11日にかけてLINE利用者を対象にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。15歳から69歳までのスマートフォン利用者が回答した。有効回答数は1940件。

SNSやインターネットサービスの「アカウントの乗っ取り」被害について、71%が認知。「ウイルス、マルウェア(56%)」や、「スパム(47%)」「フィッシングサイト、メール(45%)」などの認知度を上回る結果となった。

SNSやインターネットサービスにおけるアカウントの乗っ取りに関して、回答者自身が被害に遭ったとの回答は7%。家族が被害に遭ったとする回答者は3%だった。回答者や家族のほか、恋人、友だち、知人など周囲を含めると38%にのぼる。

セキュリティに関する意識を聞いたところ、「あまり意識していない(27%)」「まったく意識していない(3%)」と、30%がセキュリティを意識していないと回答。インターネット上のサービスを利用するうえで普段から気を付けていることでは、「怪しいメールやメッセージが届いたら開かない(74%)」「覚えやすい数字をパスワードに使わない(70%)」が7割を超える一方、「パスワードの使い回しをしない」は19%にとどまった。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
プライベートのSNSアカウント、業務利用で「対策やルールがない」6割弱 - 遵守されていないケースも
「他人に個人情報を公開された経験がある」14.4% - 3割強が削除依頼など対応
約1割がSNSの「いいね!」増えるなら「友人の秘密を公開」
モバイルマルウェアでは「ランサムウェア」が活発 - Blue Coat分析
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査