Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EternalBlue」を利用するランサムウェア「XData」に復号化ツール

ランサムウェア「XData」の復号化ツールが、複数セキュリティベンダーより相次いで公開されている。

「XData」は、5月中旬よりウクライナなどで感染の拡大が確認されたランサムウェア。世界規模の拡散は確認されていないが、エクスプロイト「EternalBlue」を利用するなど、「WannaCrypt」との類似性が指摘されることもある。

Avast!によると、同ランサムウェアのコードは、別のランサムウェア「AES_NI」からコードを盗んで作製されたものと見られている。すでに「AES_NI」のマスターキーが公開されており、それに続いて「XData」のプライベートキーも公開されたことから、復旧ツールの開発へとつながった。

Avast!のほか、ランサムウェア対抗プロジェクト「No More Ransom」で公開されているKaspersky Labの「RakhniDecryptor tool」でも対応。またESETも復旧ツールをリリースしている。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
「Samba」に2件の脆弱性 - 早急にアップデートを
オムロン製制御機器向けツール「CX-Programmer」に脆弱性