Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、サイバー攻撃グループが登録した偽ドメインの奪還に成功 - 対策ノウハウも

一方、問題のドメイン名がサイバー攻撃に悪用された場合であっても、ドメイン名の取消や移転に直接結びつくものではないとし、あくまでも商標権の侵害をもとに紛争処理機関が裁定するものと説明。

主要サービス、製品について商標を登録していなければ、類似ドメイン名を紛争処理で取り戻すことは難しいとし、重要なサービスや製品名について、早めに商標登録しておくことを推奨している。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導
象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
偽「My SoftBank」に注意 - 「2020年より手続き必要」とだます手口
「楽天カード」のフィッシング - 不正ログイン通知を偽装
2段階フィッシング、偽ポータルから30の偽金融機関サイトに誘導
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
ジャパンネット銀を装うフィッシングに注意