Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、サイバー攻撃グループが登録した偽ドメインの奪還に成功 - 対策ノウハウも

JPCERTコーディネーションセンターの正規ドメイン名「jpcert.or.jp」に類似したドメイン名「jpcert.org」が、無関係の第三者によって登録された問題で、同センターは同ドメイン名の管理権限を取り戻した。登録していたのは、高度なサイバー攻撃を展開するグループだったと見られ、同センターの活動を妨害する目的だった可能性もある。

20170519_jp_001.jpg
攻撃者グループがドメイン名を登録したタイミング。同センターがマルウェア情報を公開した時期に重なる(図:JPCERT/CC)

同センターでは、海外研究者からの連絡をきかっけに、問題のドメイン名「jpcert.org」が、無関係の第三者によって2月9日に取得されていることを把握。

2月13日日に注意喚起を行い、2月後半からドメイン名の移管を求め、紛争処理を進めていた。

今回ドメイン名を取得していたのは、Whois情報によると米国内にある「Pantry Food Service」を名乗る組織だが、ドメイン登録者情報のパターンからダミー情報であると同センターでは分析している。

さらに取得したグループは、同センターが「ChChes」として把握しているマルウェアを用いて、国内の組織に対し、高度なサイバー攻撃を展開しているグループが取得していた可能性が高いという。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を