Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、類似ドメインに注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターのドメイン「jpcert.or.jp」に類似したドメインが、無関係の第三者によって取得されていることが判明したとして、注意を呼びかけている。

同センターによれば、同センターと関係ない第三者によって類似ドメイン「jpcert.org」が2月9日に取得されていることが判明したという。

同センターでは「jpcert.or.jp」を利用しており、誤認するおそれがあると指摘。同センターからの発信情報を確認する際は、正当なドメインから発信されているか注意するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス