Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、類似ドメインに注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターのドメイン「jpcert.or.jp」に類似したドメインが、無関係の第三者によって取得されていることが判明したとして、注意を呼びかけている。

同センターによれば、同センターと関係ない第三者によって類似ドメイン「jpcert.org」が2月9日に取得されていることが判明したという。

同センターでは「jpcert.or.jp」を利用しており、誤認するおそれがあると指摘。同センターからの発信情報を確認する際は、正当なドメインから発信されているか注意するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Outlook」の脆弱性、メールプレビューで情報漏洩 - パスワードクラックのおそれも
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信
活発な動きを見せるイランの「Chafer」 - サプライチェーン上流を標的に