Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

週明け始業前までに国内で「WannaCrypt」1万3645件を検出 - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、同社におけるランサムウェア「WannaCrypt」の検出状況についてアップデートし、国内で多くの組織が始業時間を迎える週明け5月15日9時前までに、1万3645件を検出していたことを明らかにした。

同社クラウド基盤における同ランサムウェアの検出動向を取りまとめたもの。同社では、同月12日早朝から翌13日にかけての24時間に数百件の検出を確認したとしていたが、データをアップデートした。

同社によると、日本時間5月12日21時42分を境に状況が変化。検出数が急速に増加したという。同時刻以前の検出件数は、ワールドワイドで2128件、国内で105件。

一方同時刻以降は大幅に増加。5月15日9時までの検出数は、全世界で9万2141件、国内では1万3645件にのぼった。5月15日9時から翌日までの24時間にも国内だけで2686件を検出している。

これら件数は、台数ベースではなく組織ベースの統計で、同じ組織の複数端末で検出された場合も1件としてカウントされているという。

20170516_tm_003.jpg
国内における「WannaCrypt」検出数の推移(グラフ:トレンドマイクロ)

同社は感染経路について、メールベースでの大規模な攻撃の兆候は確認されていないと説明。インターネット経由で直接グローバルIPアドレスに対して脆弱性を狙う攻撃が行われたとの見方をあらためて示している。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
ランサムウェア「Jaff」が拡散、国内で多数検知
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
中学生作成のランサムウェア、暗号鍵がハードコード - サンプルコード利用の形跡も
Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開