Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」のトラブル相談、週明け15日に急増

新種のランサムウェア「WannaCrypt」が確認され、国内外で被害が発生している問題で、週明けとなる5月15日、相談窓口を設置している情報処理推進機構(IPA)には、早くも多くの相談が寄せられている。

20170515_ip_001.jpg
ランサムウェアの相談状況(グラフ:IPA)

同マルウェアは、「WannaCrypt」のほか、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった名称で呼ばれることもあるランサムウェア。

「SMB v1」に関する既知の脆弱性「CVE-2017-0145」を用いて感染を拡大する機能を備えており、セキュリティ機関やセキュリティベンダーでは注意を呼びかけている。

同機構によれば、週明けとなる同月15日は、正午の段階ですでに26件の相談が寄せられているという。同月は14日までの2週間に寄せられた相談は4件で、ゴールデンウィークが重なったこともあるとはいえ、わずか半日だけで6.5倍にのぼる相談が寄せられたことになる。

2017年以降の状況を見ても、1月以降は10件前後で推移しており、大きく上回っている。

(Security NEXT - 2017/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
【特別企画】「WannaCrypt」を徹底検証、シマンテックとSecurity NEXTが緊急対談
ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模
「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
トレンド、週末24時間に「WannaCrypt」を数百件検出
ランサムウェア「WannaCrypt」が拡散、国内で感染も - 週明けのメールチェック時に注意を