Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市

熊本市の男女共同参画センターにおいて、住民の相談内容を記録した書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、同センターのはあもにい総合相談室で住民の相談内容を記録した相談記録の2012年度分2039件、および2013年度分2159件を紛失したという。4月12日に相談者から相談記録の写しについて提供依頼があり、問題が発覚した。

2014年9月、同相談室を1階から2階へ移設するにあたり、一部必要書類と廃棄書類を書庫に施錠して一時保管。その後廃棄する際に、十分確認せず、必要な書類についても廃棄業者へ引き渡した可能性があるという。

今回紛失が判明した相談記録は、2015年秋ごろに職員が紛失へ気が付いており、当時の室長も捜索を指示していたが、そのまま放置されていた。重要書類であるという認識や誤廃棄の認識もなく、公表の遅れにつながったと説明している。

同市では、相談記録の提供を求めた相談者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県