Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性

Vivaldi Technologiesが開発するウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに、意図しない実行ファイルを読み込む脆弱性が含まれていることが判明した。

インストーラの検索パスに問題があり、利用者の意図に反して特定の場所に保存された実行ファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2156」が判明したもの。

同脆弱性は、セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークの吉田英二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

Vivaldi Technologiesでは、「同1.7.735.48」で脆弱性を修正。同脆弱性はインストーラのみ影響があり、インストール済みの環境に関しては影響を受けないという。

またデルタアップグレード機能にも同様の脆弱性が含まれていることが判明し、同社では「同1.8」で修正している。

(Security NEXT - 2017/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供