Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも

直近1年間に15.3%の企業が、セキュリティに関連した被害を経験したとする調査結果をIDC Japanが取りまとめた。そのうち約3分の1は重大な被害としており、復旧や賠償金にかかった費用が500万円を超えた企業が6割を超えた。

同社が1月に実施した調査結果を取りまとめたもの。同調査は国内企業673社を対象としたもので、セキュリティに関する投資動向や被害状況について尋ねた。

直近1年間に被害に遭った企業は全体の15.3%だった。そのうち重大な被害に遭った企業は29.4%で、2016年1月に実施した前回調査の28.1%から微増。また復旧や賠償金にかかった費用が500万円を超えた企業は、前回調査から6.7ポイント増となる65.2%だった。

被害が生じた企業の1割は、ランサムウェアが原因としており、半数以上がバックアップファイルやセキュリティベンダーの復号化ツールで復元。一方で被害企業の1割は、攻撃者の要求に従って金銭を渡し、復元したと回答したという。

(Security NEXT - 2017/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調
2015年の国内セキュリティ市場は8965億円 - 前年比6.4%増
国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に
2015年の外部脅威対策製品市場は1778億円 - 前年比5.8%増
2014年度の国内セキュリティ市場規模は8428億円 - JNSAまとめ
2016年のセキュリティ投資、3割弱が前年度上回る - 業種や規模で対策状況が二極化
2014年度の国内セキュリティ市場は8428億円 - 前年比8.5%増