Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、サーバセキュリティ製品にランサムウェア対策機能

英Sophosは、サーバセキュリティ製品「Sophos Server Protection」にランサムウェア対策技術「CryptoGuard」を追加した。

同社によれば、同技術の搭載により、ランサムウェアによるデータの暗号化を阻止。暗号化されたファイルについても自動で修復して復元できるとしている。

同社のエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Sophos Intercept X」ではすでに同機能を採用しており、サーバ向けセキュリティ対策製品にも実装した。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開
4種類のランサムウェア復号ツールをあらたに公開 - Avast
Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開
ランサム対策やルータの脆弱性対策を搭載した「ESET」新版 - プレミアム版も
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
ソフォス、定義ファイルに依存しないエンドポイント対策製品 - ランサム対策機能も
新版「ウイルスバスター」 、フォルダ監視でランサム被害防止 - LINE向け機能も
ソフォス、定義ファイルを使用しないマルウェア対策ソフト - 「セカンドオピニオン」利用も可