Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracleが定例パッチをリリース - 脆弱性299件に対応

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、あわせて299件の脆弱性を解消した。

同社製品を対象とした四半期ごとの定例アップデート「CPU」を公開し、脆弱性へ対処したもの。「Oracle Database Server」に関する2件の脆弱性や、「Oracle MySQL」の脆弱性39件に対処。そのほか「Fusion Middleware」「Financial Services Applications」など、あわせて299件の脆弱性を解消した。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は180件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認したうえで、早期にアップデートを適用するよう推奨している。

なお、次回の定例アップデートの公開は米国時間7月18日を予定している。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い