Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeに別のゼロデイ脆弱性、すでに悪用も - 月例パッチで緩和措置

Officeの「EPSグラフィックフィルタ」にいわゆる「ゼロデイ脆弱性」が存在することが明らかとなった。すでに悪用が確認されており、マイクロソフトでは月例パッチで、同機能をオフにするアップデートを提供している。

脆弱性が明らかとなったのは、OfficeにおいてEPSイメージを処理する「Encapsulated PostScript(EPS)グラフィックフィルタ」。「同2016」「同2013」「同2010」に影響があり、誤ってユーザーが細工されたEPSイメージを含むOfficeファイルを開き、同フィルタで処理が行われると、脆弱性を悪用されるおそれがある。

同社が米国時間4月11日に公開した月例セキュリティ更新には、同脆弱性に対する修正プログラムは含まれておらず、修正プログラムを提供するまでの緩和措置として、同フィルタをデフォルトでオフにするよう変更するアップデート「2017-2605」を提供している。

同社では、脆弱性を悪用した標的型攻撃をすでに把握しており、同フィルタをオンにしないよう強く推奨。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
Apple、Windows版QuickTimeのサポート終了をアナウンス
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、月例パッチでOfficeゼロデイ脆弱性3件を修正 - サイバースパイ組織が悪用
Officeゼロデイ脆弱性に対する大規模メール攻撃、国内影響なし - 12日以降沈静化
MS、悪用確認されたIEゼロデイ脆弱性を月例パッチで修正
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性44件を修正 - Officeゼロデイ脆弱性も解消
「Dridex」感染キャンペーンで「Office」のゼロデイ脆弱性を悪用 - スキャナからのメール装う攻撃に注意
「Office」にゼロデイ脆弱性、少なくとも1月下旬より悪用 - 「保護ビュー」の活用を
MS、1カ月ぶりの月例パッチを公開 - 公開済み脆弱性や複数ゼロデイ脆弱性に対処