Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office」にゼロデイ脆弱性、少なくとも1月下旬より悪用 - 「保護ビュー」の活用を

McAfeeは、論理的な脆弱性であり、メモリ保護をベースとした緩和策はバイパスされると説明。一方で、「Office」に用意されている「保護ビュー」を利用することで攻撃を防ぐことが可能だという。

またセキュリティ機関では、「Microsoft Office Trust Center」などを利用して、「RTFファイル」を開かないよう制限するなど、対策を講じるよう注意を呼びかけている。

脆弱性に対する攻撃が発生しているものの、セキュリティを解消する手段は現在用意されていない「ゼロデイ」状態だが、米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を目前に控えている。Microsoftによる4月の月例セキュリティ更新で同脆弱性への対応が行われるか注目される。

すでに両社はMicrosoftへ脆弱性を報告しており、FireEyeでは、脆弱性の公開時期について、修正プログラムの提供など踏まえ、数週間かけて調整してきたと説明。マカフィーによる情報公開を受けて、周知のために同社も情報公開へ踏み切ったとしている。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「Cisco DCNM」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
ICカード対応施錠管理製品に認証回避のおそれ