Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力

関西電力は、送電サービスセンターにおいて、顧客情報含むDVDが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、顧客情報1万2000件を保存したDVDが同センター内で所在不明となっているもの。4月3日に従業員が作業を行おうとした際、紛失へ気が付いた。

同DVDには、2016年4月から2017年1月までに太陽光などで発電した電力を同社以外の電気事業者へ売電した顧客に関する氏名または法人名、住所、発電電力量、発電設備の種別、契約の開始日と終了日、検針日程などが保存されていた。

データの保存先となるサーバを変更するため、3月17日に従業員がDVDへ一時的にデータを移行。同月29日に同DVDを机の上へ置いたのを最後に、その後の所在がわからない状態だという。

紛失した部屋への入室は、限られた関係者のみに制限されていた。また同DVDは、セキュリティ対策により、外部のパソコンではデータの読み取りが難しいと説明している。

同社では経済産業省へ報告。顧客向けの問い合わせ窓口を設置し、対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家計調査の調査票の誤配布と紛失が発生 - 香川県
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
体操服の刺繍に利用した生徒名簿が所在不明 - 岐阜県
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市