Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力

関西電力は、送電サービスセンターにおいて、顧客情報含むDVDが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、顧客情報1万2000件を保存したDVDが同センター内で所在不明となっているもの。4月3日に従業員が作業を行おうとした際、紛失へ気が付いた。

同DVDには、2016年4月から2017年1月までに太陽光などで発電した電力を同社以外の電気事業者へ売電した顧客に関する氏名または法人名、住所、発電電力量、発電設備の種別、契約の開始日と終了日、検針日程などが保存されていた。

データの保存先となるサーバを変更するため、3月17日に従業員がDVDへ一時的にデータを移行。同月29日に同DVDを机の上へ置いたのを最後に、その後の所在がわからない状態だという。

紛失した部屋への入室は、限られた関係者のみに制限されていた。また同DVDは、セキュリティ対策により、外部のパソコンではデータの読み取りが難しいと説明している。

同社では経済産業省へ報告。顧客向けの問い合わせ窓口を設置し、対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県