Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県

岡山県内の公共データを提供するウェブサイト「おかやまオープンデータカタログ」が、不正アクセスを受けたことがわかった。同県では同サイトを停止し、調査を進めている。

同サイトは、同県と県内の市町村が保有する公共データを、二次利用が可能なオープンデータとして公開する試み。予算や人口などの基礎情報のほか、防災関連情報など1月13日より85件のデータセットを公開している。

同県によれば、同サイトに対して3月17日未明に不正アクセスがあり、外部に対する攻撃の踏み台に利用されていることが判明したという。

同県では同日4時過ぎに同サイトを停止。同サイトの運用保守を担当する委託業者が調査を進めている。同サイトは個人情報を保有しておらず、個人情報流出の可能性について否定した。

同県では、調査結果を踏まえて必要な対策を実施し、安全を確認したうえで再開したい考えだが、具体的な再開時期は未定。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
ハードオフ通販サイトにパスワードリスト攻撃
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
ベーグル店に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社
職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
不正アクセスで会員サイトが改ざん - 市進教育グループ
メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS