Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県

岡山県内の公共データを提供するウェブサイト「おかやまオープンデータカタログ」が、不正アクセスを受けたことがわかった。同県では同サイトを停止し、調査を進めている。

同サイトは、同県と県内の市町村が保有する公共データを、二次利用が可能なオープンデータとして公開する試み。予算や人口などの基礎情報のほか、防災関連情報など1月13日より85件のデータセットを公開している。

同県によれば、同サイトに対して3月17日未明に不正アクセスがあり、外部に対する攻撃の踏み台に利用されていることが判明したという。

同県では同日4時過ぎに同サイトを停止。同サイトの運用保守を担当する委託業者が調査を進めている。同サイトは個人情報を保有しておらず、個人情報流出の可能性について否定した。

同県では、調査結果を踏まえて必要な対策を実施し、安全を確認したうえで再開したい考えだが、具体的な再開時期は未定。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO