Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性

ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」にバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同製品おける鍵交換プロトコルの処理に脆弱性「CVE-2017-3195」が存在することが判明したもの。細工されたパケットを処理するとバッファオーバーフローが生じ、コードを実行されるおそれがあるという。

同社より脆弱性を修正したアップデートやホットフィクスがリリースされており、セキュリティ機関では対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
「VMware Tools」の一部バージョンに権限昇格の脆弱性
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正