Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも

企業の8.6%が過去5年間に営業秘密の漏洩を経験していることがわかった。現職従業員のミスによる漏洩が4割超で、前回調査から増加している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年10月から2017年1月にかけて実施した「企業における営業秘密管理に関する実態調査」の結果によって明らかになったもの。無作為に抽出した1万2000社に調査票を郵送し、2175社が回答した。内訳は、従業員301人以上の大企業が1048社、従業員300人以下の中小企業が1103社、従業員数無回答が24社。

同調査によると、過去5年間に営業秘密の漏洩を経験した企業は8.6%。前回調査の13.5%を下回った。漏洩を経験した企業105社における損害の規模を見ると、1000万円未満が31.4%ともっとも多い。

一方で1000億円以上の損害、10億円以上100億円未満の損害が発生した企業がそれぞれ1社あった。1億円以上10億円未満が3.8%、1000万円以上1億円未満が8.6%。一方で、54.3%は、損害額について「わからない」としている。

20170317_ip_001.jpg
営業秘密の漏洩による損害規模(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
ECサイトの約半数が1年以内にサイバー攻撃を経験 - 7割で被害
2016年4Qの脆弱性登録は1571件 - 「Android」が129件で最多
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
システム管理者の約7割、自組織を標的型攻撃対象として想定 - 従業員は半数未満
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
2016年2Qの脆弱性届出は230件 - ウェブサイト関連が増加
国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多