Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援
マルウェアメールの着信国、日本が2番目
2016年下半期、検出マルウェアの4件に1件がランサムウェア
研究室など教育機関でサイト改ざん - 脆弱な野良サイトが多数放置
日商エレと名大、サイバーセキュリティ分野で技術協力や人材交流
7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存
ランサムウェアと戦う高専生を資金や技術面で支援 - ラック
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件