Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
ESETによる3月のマルウェア検出、JavaScript型が20ポイント以上減
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し