Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
「VirusTotal」にCylanceエンジン - 「WannaCrypt」検知で優位性に自信
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック