Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に