Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP FormMail Generator」由来のコードに複数の脆弱性

PHPコードの生成サービス「PHP FormMail Generator」が提供したコードに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

サービスを通じて作成されたコードに、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2016-9493」や、アップロードするファイルのチェック処理における脆弱性「CVE-2016-9492」が存在することが判明したもの。

2016年12月17日以前に同サービスで生成したコードに影響がある。また「CVE-2016-9492」については修正されたが、「CVE-2016-9493」への対応状況は不明だという。

セキュリティ機関では、影響を受けるコードを利用している場合は、フォームを再度生成しなおすか、手動でパッチを適用するよう注意喚起を実施。「CVE-2016-9493」に関しては独自に対策を講じるか、他フォームを使用することを検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性