Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応

フォーティネットジャパンは、産業制御システムをはじめ、気候面など過酷な条件での利用を想定したセキュリティアプライアンス「FortiGate Ruggedシリーズ」の新モデルを提供開始した。

20170308_fn_001.jpg
FortiGate Rugged 30D

同シリーズは、産業制御システムや重要インフラ向けのセキュリティアプライアンス。

電気や無線周波数の干渉が大きいシーンや、寒暖差が激しい環境でも安定して稼働するよう設計されているという。

同社では従来より「同60D」を提供してきたが、今回あらたなラインナップとして「同30D」および「35D」の2モデルを追加した。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立