Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応

フォーティネットジャパンは、産業制御システムをはじめ、気候面など過酷な条件での利用を想定したセキュリティアプライアンス「FortiGate Ruggedシリーズ」の新モデルを提供開始した。

20170308_fn_001.jpg
FortiGate Rugged 30D

同シリーズは、産業制御システムや重要インフラ向けのセキュリティアプライアンス。

電気や無線周波数の干渉が大きいシーンや、寒暖差が激しい環境でも安定して稼働するよう設計されているという。

同社では従来より「同60D」を提供してきたが、今回あらたなラインナップとして「同30D」および「35D」の2モデルを追加した。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量