Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限

富士通と富士通ビー・エス・シーは、暗号化ソフト「FUJITSU Security Solution FENCE-Pro V8」の機能を強化した。

同製品は、パソコンやサーバ内のハードディスク、ネットワーク上の共有フォルダやファイルなどを同社独自の技術で暗号化し、同ソフトと暗号鍵を持たないユーザーからのアクセスを防ぐソフト。

今回あらたにアクセス制限機能や暗号化機能を強化。暗号フォルダにアクセスできるアプリケーションを登録することで、登録外アプリからのアクセスを制限できる。また登録外アプリから指定回数以上のアクセスがあった場合、管理者へアラートを通知することが可能。

また、暗号フォルダから持ち出したファイルでも暗号化を維持できる機能を追加した。管理者が、ファイルの利用権限を設定することも可能。そのほか、操作ログの収集にも対応した。

価格は、100ライセンスの最小構成で165万2400円。ログ収集オプションは122万8726円、マルウェア対策オプションは9万3960円となっている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に