Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限

富士通と富士通ビー・エス・シーは、暗号化ソフト「FUJITSU Security Solution FENCE-Pro V8」の機能を強化した。

同製品は、パソコンやサーバ内のハードディスク、ネットワーク上の共有フォルダやファイルなどを同社独自の技術で暗号化し、同ソフトと暗号鍵を持たないユーザーからのアクセスを防ぐソフト。

今回あらたにアクセス制限機能や暗号化機能を強化。暗号フォルダにアクセスできるアプリケーションを登録することで、登録外アプリからのアクセスを制限できる。また登録外アプリから指定回数以上のアクセスがあった場合、管理者へアラートを通知することが可能。

また、暗号フォルダから持ち出したファイルでも暗号化を維持できる機能を追加した。管理者が、ファイルの利用権限を設定することも可能。そのほか、操作ログの収集にも対応した。

価格は、100ライセンスの最小構成で165万2400円。ログ収集オプションは122万8726円、マルウェア対策オプションは9万3960円となっている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品