Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、「GUARDIANWALL」をリブランド - 情報漏洩対策ソリューションとして展開

キヤノンITソリューションズは、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」をリブランドし、「GUARDIANWALL Mailファミリー」として3月27日より提供開始する。

同社では、「GUARDIANWALL」のブランドを見直し、メールやウェブなど含めた情報漏洩対策のソリューションとして展開することを決め、ブランドを刷新したもの。

旧来の「GUARDIANWALL」に関しては、一般企業向け製品「GUARDIANWALL」と、クラウド事業者向け製品「GUARDIANWALL CloudEdition」を統合し、「GUARDIANWALL Mailファミリー」として提供する。

同社は、2020年に「GUARDIANWALL」を中核にセキュリティ事業で100億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン