Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社

舞台やイベントの制作を手がけるネルケプランニングのウェブサーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は詳細を明らかにした。SQLインジェクション攻撃を受けた形跡がログに残っていたという。

同社では、ウェブサーバへの不正アクセスにより、会員向けウェブサービス「ネルケハ」の会員情報が流出した可能性があるとして、1月1日よりサーバを停止。事態を公表するとともに、原因や被害状況について調査を進めていた。

同社によると、ウェブサーバにおける2016年9月1日から2017年1月1日までのログについて調べたところ、複数回のSQLインジェクション攻撃を受けており、会員管理画面へ不正アクセスされたほか、保有している個人情報がアクセスを受けた形跡が残っていたという。

20170222_np_001.jpg
流出した可能性がある情報(画像:ネルケプランニング)

流出した可能性があるのは、「ネルケハ」の会員4万8925人分や、オンラインショップで2014年4月1日から2017年1月1日までの間に商品を注文した1万3849人分の登録情報。

大半はメールアドレスだが、一部会員については電話番号や郵便番号のほか、氏名や住所、生年月日、性別などの個人情報が流出したおそれがある。

同社では、舞台公演に関する情報を提供する簡易的なサイトを再開しているが、本格的なサービスの再開にはしばらく時間を要すると説明。また会員向けサービスについては、メールアドレス以外の個人情報を保有しない形で近日中の再開を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
サーファー向け情報サイトでパスワードなど流出
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か