Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社

舞台やイベントの制作を手がけるネルケプランニングのウェブサーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は詳細を明らかにした。SQLインジェクション攻撃を受けた形跡がログに残っていたという。

同社では、ウェブサーバへの不正アクセスにより、会員向けウェブサービス「ネルケハ」の会員情報が流出した可能性があるとして、1月1日よりサーバを停止。事態を公表するとともに、原因や被害状況について調査を進めていた。

同社によると、ウェブサーバにおける2016年9月1日から2017年1月1日までのログについて調べたところ、複数回のSQLインジェクション攻撃を受けており、会員管理画面へ不正アクセスされたほか、保有している個人情報がアクセスを受けた形跡が残っていたという。

20170222_np_001.jpg
流出した可能性がある情報(画像:ネルケプランニング)

流出した可能性があるのは、「ネルケハ」の会員4万8925人分や、オンラインショップで2014年4月1日から2017年1月1日までの間に商品を注文した1万3849人分の登録情報。

大半はメールアドレスだが、一部会員については電話番号や郵便番号のほか、氏名や住所、生年月日、性別などの個人情報が流出したおそれがある。

同社では、舞台公演に関する情報を提供する簡易的なサイトを再開しているが、本格的なサービスの再開にはしばらく時間を要すると説明。また会員向けサービスについては、メールアドレス以外の個人情報を保有しない形で近日中の再開を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス