Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス

NECは、企業向けに「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を踏まえたセキュリティ対策のコンサルティングサービスを提供開始した。

同サービスは、同社の各種コンサルティングサービスを体系化し、経済産業省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を踏まえてサービスを展開するもの。サプライチェーンやIoTなどに対応したセキュリティ対策などを支援。リスクを視覚化する「リスクアセスメントサービス」なども用意する。

価格は216万円から。同社では今後3年間に350社への提供を目標に事業を展開していく。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA