Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス

NECは、企業向けに「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を踏まえたセキュリティ対策のコンサルティングサービスを提供開始した。

同サービスは、同社の各種コンサルティングサービスを体系化し、経済産業省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を踏まえてサービスを展開するもの。サプライチェーンやIoTなどに対応したセキュリティ対策などを支援。リスクを視覚化する「リスクアセスメントサービス」なども用意する。

価格は216万円から。同社では今後3年間に350社への提供を目標に事業を展開していく。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」