Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ

全国健康保険協会において、最大19万人分の健康保険証情報が所在不明になっていることがわかった。

同協会広島支部において、医療機関を受診した最大19万人分の健康保険証情報を含むフロッピーとCDあわせて535件が所在不明になっていることが、2016年12月末に判明したもの。廃棄するために同支部の倉庫で保管していたものだという。

所在不明となっているこれらメディアは、診療報酬を審査する社会保険診療報酬支払基金と情報のやり取りを行うためのもので、2012年9月から2015年3月までの最大19万人分に関するデータが記録されている。健康保険証の番号は専用のアプリケーションでしか読み取れないが、氏名については判別可能であるとしている。

同支部では警察に届け出るとともに、関係各所の捜索を行ったが発見できていない。紛失した記録媒体を保管していた倉庫は常時施錠していたが、どの職員でも鍵を容易に使用でき、鍵を貸与した際の記録など取っていないなど、管理に不備があったという。

(Security NEXT - 2017/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
療養費データ12.7万人分のデータが所在不明 - 大阪府国保連
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
元職員の個人情報持ち出し、あらたに550人分が判明 - 松山市
住民の個人情報持ち出しで元職員逮捕 - 松山市
療養費の受給者一覧表や請求書を紛失 - 大阪府国保連
従業員の個人情報含む書類が車上荒らし被害 - 家具販売業者
国民健康保険料払込書の控えを紛失、拾得者が廃棄 - 北九州市
被保険者証の返納依頼文で誤記載、個人情報流出 - 協会けんぽ兵庫