Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県総合文化センターに不正アクセス、一部サービスを停止

三重県総合文化センターが不正アクセスを受け、リバースプロクシサーバにマルウェアへ感染していたことがわかった。ウェブサイトの一部を停止している。

同センターを運営する三重県文化振興事業団によれば、同センターのウェブサーバを保護するために導入していたリバースプロキシサーバが2月9日に不正アクセスを受け、マルウェアに感染したという。問題のサーバをネットワークから遮断したうえで、原因究明と対策を進めている。

また同サーバを遮断した影響から、同センターのインターネット仮予約や空き状況照会など、複数のサービスが利用できない状況になっている。

さらに同月13日11時ごろ、同事業団が外部メールサーバの安全確認を行ったところ、メールサーバに対して攻撃を試みた痕跡を発見。メールサービスについても停止し、原因の調査を行っている。

今回の不正アクセスによるサイト改ざんや情報流出などの被害については否定している。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ
1年以上にわたりサイトが改ざん状態、閲覧でマルウェア感染のおそれ - 大阪硝子工業会
フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か
県教育情報システムのウェブサイトが改ざん - 宮城県
「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず