Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む成績原簿が所在不明 - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学において、学生の個人情報が記載された「成績原簿」が所在不明になっている。

同大学によれば、常時施錠した倉庫に保管されている成績原簿が紛失していることが、2016年12月12日に実施した点検作業によって判明したもの。

同年6月22日の点検時には、倉庫に収納されていることを確認していることから、その後7月から8月にかけて倉庫内を整理した際に、不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いという。

紛失したのは2014年度に情報科学研究科で開講された授業の成績原簿で、同科に在籍し2014年度に成績評価を受けた学生354人分の氏名や学生番号、研究室名、授業科目名、授業担当教員名、評価などが記載されていた。

同大学では、対象となる学生に謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2017/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院