Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報含むファイルを学外に誤送信 - 千葉工業大

千葉工業大学は、学生の成績情報含むファイルを、教員が外部の関係者に誤ってメール送信したことを公表した。

同大学によれば、1月10日に教員が送信したメールにおいて、学生の個人情報含むファイルを誤って添付していたもの。ファイルには、教員が担当している科目の受講生の氏名や学生番号、成績、出席状況などが記載されていた。

学会誌の原稿を学外の編集委員10人にメール送信した際、誤って添付したという。送信直後に気付き、送信先に誤送信したメールの削除を依頼。電話で削除の確認を行った。

(Security NEXT - 2017/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大