Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の「devMode」でコード実行のおそれ - PoCも

「Apache Struts 2」の開発モードにおいて、任意のコード実行が可能となる問題があるとして、第三者がアクセスする本番環境では利用しないようセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品の「devMode(Development Mode)」を有効化している場合、アクセス可能な第三者によって任意のコードが実行可能となる問題が含まれていることが判明したもの。

「同2.3.30」や「同2.5.1」に影響があり、以前のバージョンも影響を受ける。すでに同環境を攻撃するための実証コード(PoC)が公開されているという。

今回明らかになった問題はラックの藤本博史氏と北原憲氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもの。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

開発チームでは同モードはデバッグなどで便利である一方、実際に利用する環境においては危険があるとし、運用を開始する前に無効化するようアナウンス。セキュリティ機関では設定の無効化や問題を解決したバージョンへのアップデートするよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正