Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中

東京都は、環境局のサイトにおいて個人情報の誤表示が発生したことを明らかにした。原因について調査を進めている。

都によれば、二酸化酸素(CO2)の排出量取引に利用する指定管理口座の名義人情報を公表しているサイトにおいて、8指定管理口座で公表を希望しない名義人396人分の氏名と住所を誤って公開したという。

1月17日15時半ごろ、都が委託しているCO2排出量取引制度相談窓口の担当者から報告があり問題が判明。同日、サイトでの公開を停止した。

都では名義人情報の公表の可否に関する設定はシステム上で正しく行われていたとしているが、自動的に作成される公表一覧表には、公表を不可と設定していた名義人の情報が含まれており、詳しい原因について調べている。

今回の問題を受けて都は、各指定管理口座の代表連絡先に電話で謝罪。対象となる名義人にも謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
通販サイトで顧客情報を誤表示 - FBアカウントによるログインで不具合
アサヒグループの3サイトで顧客情報の誤表示が発生
「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中
イオンのネットスーパーで顧客情報を誤表示 - 作業中の操作ミスで
個人情報を誤表示、アクセス集中による不具合で - うみの杜水族館
サイト上で顧客情報を誤表示、他人クレカで決済も - ソースネクスト