Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超

スマートフォンを利用している女性の3割以上が詐欺メールの受信を経験しており、8割以上がセキュリティに関して不安を感じていることがわかった。

MMD研究所が、マカフィーと共同で2016年12月に調査を実施したもの。スマートフォンを所有する女子高生、女子大生、社会人独身女性、既婚女性あわせて1574人から回答を得た。

スマートフォン利用中に遭遇したトラブルについて聞いたところ、「迷惑メールの受信」が目立ち、いずれの属性でも7割超となった。また、「詐欺メールの受信」は3割を超える。

「ワンクリック詐欺」では女子高生の17.7%、女子大生の15.3%が経験。、独身女性は8.4%、既婚女性は5%であり、属性によって傾向の違いが見られた。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も