Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス

「Officeのプロダクトキーが不正にコピーされている」などと不安を煽り、マイクロソフトを装って個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している問題で、国内から誘導先の偽サイトへ少なくとも3000件以上のアクセスが行われたことがわかった。

20170113_tm_001.jpg
情報を送信するとあたかも正しく処理が終了したかのような画面を表示する(画像:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによると、1月12日の早朝数時間だけで1万件以上のメールが日本国内で拡散したことを同社クラウド基盤上で観測。

メールをクリックしたと見られるアクセスも、同日午前中だけで国内から少なくとも3000件以上あり、これらアクセスをブロックしたという。

誘導先のフィッシングサイトは、日本マイクロソフトのログイン画面を模したものだが、国内からアクセスした場合のみ表示するよう細工されていたほか、Officeが利用できなくなるなどとフィッシングメールと同様にポップアップ画面で不安を煽り、情報を入力するよう促していた。

情報を送信すると、「修復が完了しました」などと表示。あたかも検証作業が正常に行われたかのように錯覚させるなど手口は巧妙で、被害に遭ったことさえ気が付かない可能性もあるとトレンドマイクロは危険性を指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大