Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性

サイボウズの「リモートサービスマネージャー」にクライアント証明書を正しく検証しない脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートがリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同3.1.4」から「同3.0.0」において、クライアント証明書の検証機能に脆弱性「CVE-2016-7815」が存在するという。同脆弱性により、外部からサービスを利用する際、無効な証明書を利用されるおそれがある。

同脆弱性は、周知を目的に同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。同社では脆弱性を修正した「同3.1.5」をリリースしており、利用者へアップデートを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース