Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省、個人情報含む文書を誤送信

厚生労働省は、個人情報を含む文書を誤ってメールで送信するミスが発生したことを公表した。

同省労働基準局で12月27日に外部の公益社団法人へメールを送信する際にファイルを取り違え、誤って個人情報を含む別の文書を添付する事故が発生したもの。

誤って添付した書類は関係ない別の事業者から提出を受けたもので公開情報だったが、代表者の氏名、事業者の印影など記載された送り状もあわせて添付してしまったという。

今回の事故を受けて同省では同事業者へ事情を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2017/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
メール整理時に誤操作でメール誤送信 - 札幌大
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店