Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年明け最初のMS月例セキュリティ更新、脆弱性3件に対処 - 低水準で滑り出し

マイクロソフトは、2017年最初の月例セキュリティ更新をリリースした。「Adobe Flash Player」を除くと、修正された脆弱性は3件と少なく、低水準での滑り出しとなった。

20170111_ms_001.jpg
「Adobe Flash Player」を含む4件のセキュリティ更新をリリース(表:MS)

1月の月例セキュリティ更新は4件。同日にAdobe Systemsより公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性「APSB17-02」に対応する「MS17-003」に関してのみ深刻度が「緊急」にレーティングされている。

同更新以外は、いずれも深刻度が4段階中2番目に高い「重要」。各更新ごとにそれぞれ1件の脆弱性へ対処しており、修正された脆弱性はCVEベースであわせて3件だった。

前月の42件前々月の67件を大きく下回り、少ない月でも1カ月あたり20件を超えていた2016年全般と比較しても低水準だった。

「Microsoft Edge」において特権の昇格が生じる脆弱性「CVE-2017-0002」へ「MS17-001」で対応したほか、「MS17-004」では「ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス」におけるサービス拒否の脆弱性「CVE-2017-0004」を解消した。これら2件の脆弱性は、すでに公開済みだが、悪用は確認されていないという。

さらに「Office」においてメモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2017-0003」を「MS17-002」で修正した。今回の月例セキュリティ更新プログラムは以下のとおり。

MS17-001:Microsoft Edge用の累積的なセキュリティ更新プログラム

CVE-2017-0002

MS17-002:Microsoft Office用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2017-0003

MS17-003:Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム

APSB17-02

MS17-004:ローカルセキュリティ機関サブシステムサービス用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2017-0004

(Security NEXT - 2017/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開