Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性に対応した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。

20170111_as_002.jpg
13件の脆弱性が修正された「Adobe Flash Player」のアップデート

今回のアップデートは、メモリ破壊やバッファオーバーフロー、解放したメモリへアクセスする「use after free」、セキュリティ機能のバイパスなど、CVEベースで脆弱性13件に対応した。

脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。同社は「Windows」「Mac OS X」「Linux」およびブラウザ同梱版向けに最新版となる「同24.0.0.194」を提供する。

「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、適用優先度を3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、72時間以内を目安にアップデートするよう推奨。「Linux」については、適用優先度を任意のタイミングでアップデートを求める「3」とした。

今回同社が修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-2925
CVE-2017-2926
CVE-2017-2927
CVE-2017-2928
CVE-2017-2930
CVE-2017-2931
CVE-2017-2932
CVE-2017-2933
CVE-2017-2934
CVE-2017-2935
CVE-2017-2936
CVE-2017-2937
CVE-2017-2938

(Security NEXT - 2017/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明