Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2016年最後の月例セキュリティ更新をリリース - 重複など除く脆弱性42件を修正

マイクロソフトは、2016年最後となる月例のセキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」および重複を除き、42件の脆弱性を修正している。

20161214_ms_001.jpg
12月の月例セキュリティ更新(画像:MS)

今回同社は、セキュリティ更新情報12件を公開し、これらを通じ重複5件を除くとCVEベースであわせて47件の脆弱性を解消している。一部すでに公開済みの脆弱性があるが、ゼロデイ攻撃は確認されていないという。

今回の更新で最大深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」とされる更新は6件。そのうち同日に公開された「Adobe Flash Player」のアップデート「APSB16-39」は、「MS16-154」として修正が行われた。

「MS16-144」「MS16-145」では、それぞれ同社ブラウザ「Internet Explorer」および「Microsoft Edge」において累積的な脆弱性を解消した。今回、IEでは脆弱性8件を解決したのに対し、「Edge」ではそれを上回る11件の脆弱性に対処している。

両ブラウザが影響を受けるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性「CVE-2016-7281」や情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-7282」のほか、「IE」におけるスクリプトエンジンの脆弱性「CVE-2016-7202」、「Edge」の情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-7206」など、それぞれ3件の脆弱性がすでに公開済みだという。

また「MS16-146」にてGraphicsコンポーネントに関する脆弱性3件を修正したほか、「MS16-147」では「Uniscribe」の脆弱性1件を解消。「Office」に関する脆弱性16件を「MS16-148」で対応している。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性