Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2016年最後の月例セキュリティ更新をリリース - 重複など除く脆弱性42件を修正

マイクロソフトは、2016年最後となる月例のセキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」および重複を除き、42件の脆弱性を修正している。

20161214_ms_001.jpg
12月の月例セキュリティ更新(画像:MS)

今回同社は、セキュリティ更新情報12件を公開し、これらを通じ重複5件を除くとCVEベースであわせて47件の脆弱性を解消している。一部すでに公開済みの脆弱性があるが、ゼロデイ攻撃は確認されていないという。

今回の更新で最大深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」とされる更新は6件。そのうち同日に公開された「Adobe Flash Player」のアップデート「APSB16-39」は、「MS16-154」として修正が行われた。

「MS16-144」「MS16-145」では、それぞれ同社ブラウザ「Internet Explorer」および「Microsoft Edge」において累積的な脆弱性を解消した。今回、IEでは脆弱性8件を解決したのに対し、「Edge」ではそれを上回る11件の脆弱性に対処している。

両ブラウザが影響を受けるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性「CVE-2016-7281」や情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-7282」のほか、「IE」におけるスクリプトエンジンの脆弱性「CVE-2016-7202」、「Edge」の情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-7206」など、それぞれ3件の脆弱性がすでに公開済みだという。

また「MS16-146」にてGraphicsコンポーネントに関する脆弱性3件を修正したほか、「MS16-147」では「Uniscribe」の脆弱性1件を解消。「Office」に関する脆弱性16件を「MS16-148」で対応している。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表