Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AI開発ガイドライン」の論点で意見募集 - セキュリティやプライバシー、透明性確保など

総務省の情報通信政策研究所は、「AI開発ガイドライン」の策定に向け、論点に関する意見を募集している。

同省では、10月より「AIネットワーク社会推進会議」にて「AI開発ガイドライン」の策定に向け、国際的な議論にも利用する素案の作成を進めており、整理した論点についてパブリックコメントを実施するもの。

同案では、ガイドラインにおける基本概念の定義や目的、適用範囲のほか、開発原則や実効性の担保などを論点として挙げている。

AIネットワークシステムにおける開発原則では、「セキュリティ確保の原則」として、「機密性」や「完全性」「可用性」にくわえ、「頑健性」や「信頼性」などの必要性について言及。

また「安全保護の原則」「プライバシー保護の原則」「倫理の原則」「利用者支援の原則」のほか、「透明性の原則」「アカウンタビリティの原則」「制御可能性の原則」なども含まれる。

意見は、郵送、ファックス、メール、電子政府の総合窓口である「e-Gov」にて受け付ける。締め切りは1月31日17時。郵送の場合は同日必着となる。

同会議では、寄せられた意見をもとに議論を進め、2017年夏ごろを目途に報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度