Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AI開発ガイドライン」の論点で意見募集 - セキュリティやプライバシー、透明性確保など

総務省の情報通信政策研究所は、「AI開発ガイドライン」の策定に向け、論点に関する意見を募集している。

同省では、10月より「AIネットワーク社会推進会議」にて「AI開発ガイドライン」の策定に向け、国際的な議論にも利用する素案の作成を進めており、整理した論点についてパブリックコメントを実施するもの。

同案では、ガイドラインにおける基本概念の定義や目的、適用範囲のほか、開発原則や実効性の担保などを論点として挙げている。

AIネットワークシステムにおける開発原則では、「セキュリティ確保の原則」として、「機密性」や「完全性」「可用性」にくわえ、「頑健性」や「信頼性」などの必要性について言及。

また「安全保護の原則」「プライバシー保護の原則」「倫理の原則」「利用者支援の原則」のほか、「透明性の原則」「アカウンタビリティの原則」「制御可能性の原則」なども含まれる。

意見は、郵送、ファックス、メール、電子政府の総合窓口である「e-Gov」にて受け付ける。締め切りは1月31日17時。郵送の場合は同日必着となる。

同会議では、寄せられた意見をもとに議論を進め、2017年夏ごろを目途に報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用