Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、デバイス制御や暗号化機能などパッケージした「InterSafe ILP」の新版を提供開始した。

同製品は、ファイルやUSBメモリの暗号化、デバイス制御、持ち出し申請などの機能を提供するセキュリティソリューション。「同5.0」では、専用ツールを用いないとアクセスできないフォルダにファイルを自動バックアップする機能を追加。またユーザーの属性に応じてファイルの印刷やコピーを制御する機能を搭載した。

またFireEyeのセキュリティ製品「NXシリーズ」との連携に対応。同製品による検知情報をもとに、マルウェアに感染した端末を隔離することができる。

(Security NEXT - 2016/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
サンワサプライ、持ち運びも簡単な小型指紋リーダー
Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開
セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
4種類のランサムウェア復号ツールをあらたに公開 - Avast
JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ
Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開