Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、デバイス制御や暗号化機能などパッケージした「InterSafe ILP」の新版を提供開始した。

同製品は、ファイルやUSBメモリの暗号化、デバイス制御、持ち出し申請などの機能を提供するセキュリティソリューション。「同5.0」では、専用ツールを用いないとアクセスできないフォルダにファイルを自動バックアップする機能を追加。またユーザーの属性に応じてファイルの印刷やコピーを制御する機能を搭載した。

またFireEyeのセキュリティ製品「NXシリーズ」との連携に対応。同製品による検知情報をもとに、マルウェアに感染した端末を隔離することができる。

(Security NEXT - 2016/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発
デル、DRMソリューション「Dell Data Protection | Secure Lifecycle」をリリース
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ