Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析

プラップジャパンは、記者会見やアナリスト向け説明会の印象を人口知能(AI)により解析、数値化する研究を4月30日まで実施する。

同研究は、メディアトレーニングに関するノウハウを持つ同社と、プレゼンテーションの解析や「印象」「魅力」に関する研究を行う東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎研究室と共同で実施するもの。

記者会見の文章や音声、映像などを人工知能を用いて解析、深層学習を行い、与える印象について定性、定量の両面から客観的に評価できるシステムの開発を進める。研究にあたり、新製品や人事、決算発表、経営戦略のほか、謝罪や釈明、緊急会見など、数千件にわたる音声や映像データを用いて解析を行うという。

同システムの開発により、実際に会見を行う前の予行演習において、会見の成否について事前に予測でき、人工知能に提示された課題をメディアトレーニングで修正することで、実際の会見時の対応力が向上が図れるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス