Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - 家具販売サイト

家具の通販サイト「hhstyle.com」が不正アクセスを受け、クレジットカード含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するエイチエイチスタイルによれば、10月23日から11月8日までの間に、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報のべ99件が流出した可能性があることが判明したもの。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、カード会員の住所も含まれる。

11月8日に情報漏洩の疑いが判明したため、原因と見られる不正プログラムを削除。同サイトを停止して、外部事業者へ調査を依頼していた。

同社では、対象となる顧客にメールと電話で謝罪。またカード決済システムについては、カード情報が同社サーバを通過しない方式に変更したうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2016/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト
クレカなど顧客データを保管していた約100キロの金庫が盗難 - 作業用品店
セキュリティコードなどクレカ情報が流出の可能性 - インテリア通販
ニコン通販サイト、12日間にわたり非暗号通信 - クレカ情報など送受信
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社