Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーのビデオ会議システムに脆弱性 - アップデートが公開

ソニーが提供する複数のビデオ会議システムにおいて、認証せずにログインできるアカウントが初期設定に含まれていることがわかった。問題を修正したファームウェアが公開されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、初期設定に存在する一般ユーザー権限のアカウントに、パスワードを入力することなくログインできるアカウントが含まれている脆弱性「CVE-2016-7830」が判明したという。

「PCS-XG100」「PCS-XG100S」「PCS-XG77」「PCS-XG77S」「PCS-XC1」が影響を受けるという。既定では無効だが、これら製品は「telnet」「ssh」による接続に対応しており、脆弱性が悪用されると同じサブネット内からログインされるおそれがある。

同脆弱性は、周知を目的に同社が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同社では脆弱性を解消したファームウェアを用意するとともに、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース