Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの複数製品に情報漏洩の脆弱性 - 修正版がリリース

VMwareの複数製品に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。同社では、脆弱性を修正したアップデートをリリースしている。

「VMware vCenter Server」「VMware vSphere Client」「vRealize Automation」など各製品の一部バージョンに、「XML外部エンティティ(XXE)」の問題に起因する脆弱性「CVE-2016-7459」「CVE-2016-7458」「CVE-2016-7460」が判明したもの。

同社は、重要度についていずれも4段階中2番目に高い「重要(Important)」にレーティングしており、修正版として「vCenter Server 6.0 U2a」「同5.5 U3e」「vSphere Client 6.0 U2a」「同5.5 U3e」「vRealize Automation 6.2.5」を用意した。

また重要度が1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性「CVE-2016-5334」が、一部製品に含まれていることが判明。同脆弱性を解消した「VMware Identity Manager 2.7.1」「vRealize Automation 7.2.0」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「F-RevoCRM」にXSSの脆弱性 - アップデートで修正
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
Google、脆弱性に対処した「Chrome 79.0.3945.117」をリリース