Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecの法人向け複数製品に脆弱性 - アップデートがリリース

Symantecの法人向け製品において、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

「Symantec IT Management Suite(ITMS)」「Symantec Ghost Solution Suite(GSS)」「Symantec Endpoint Virtualization(SEV)」において、検索パスの指定に問題があり、意図しないDLLファイルを読み込む脆弱性「CVE-2016-6590」が含まれていることが明らかとなったもの。重要度は、「高(High)」。

細工されたDLLファイルなどが設置された場合、システムの起動時などに読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。悪用は確認されていない。同社では脆弱性を修正した「ITMS 8.0 HF4」「GSS 3.1 MP4」「SEV 7.6 HF7」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
「Java SE」の脆弱性31件を解消するアップデート - Oracle
Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正
「AssetView for MacOS」の一部サーバ側モジュールに複数脆弱性
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
MS、脆弱性「Orpheus' Lyre」に7月の月例パッチで対応済み